>> ミニ倉庫のメリット
>>地図とアクセス、お問合せ
>> 会社概要
>> ご利用規約
>> レンタルオフィス
>> 私設私書箱
>> 貸し会議室
>> Magic View

                       起業人の俳句よもやま話
  


          

  • 色あせしロシヤ毛布の旅寝かな  沙美
  ロシヤ毛布とはどういうものなのか判りませんが多分かなり分厚いか、特殊な織り
  方をしているのでしょう。ロシアと云う国家は歴史が浅く16世紀の成立。
  それまではモンゴル系の遊牧民族によって奴隷のような生活をしていたようです。
  それが独立できたのは鉄砲と云う火器の出現。それ以来民族は火器こそ
  が自立の道と思い込んでしまった様です

  • さわさわと霰いたりぬ年の市  禅寺洞
  東京で年の市と云うと世田谷のボロ市が有名です。今年の12月は土日と
 重なった仕舞ったので大変な混雑ぶりでした。名物の代官餅を求める
 行列の長かったこと。
 この句は東京ではなくどこかの地方都市を顕わしているようですね。
 
  • 煤籠り昼餉の時のすぎにけり 波津女
  煤籠りとはすす払いをしている間、老人や子供たちが別室に籠っていることを言い
 ます。しかしそれは昔の話。そこらじゅうに遊び場のある現代は逆に「煤逃げ」と言っ
 て、奥さんに掃除をさせ、その間パチンコに行ったり、競馬に興じたり、或いは飲み
 屋にいると言ったような句が増えています。

  • 水餅や混沌として甕の中  石鼎
  水餅とは正月に食べきれなかった餅をヒビが入ったり黴が生えたりするのを防ぐ
 目的で水の中に浸しておくことを指します。我が家では鏡餅が終わった後、それを
 割って水餅にしていました。当然ながらあまり長くやっておくと溶けてきますので
 その辺はほどほどにして食べましょう。